崖とは

ご訪問ありがとうございます。
崖とは建築基準法では、地表面が水平面に対しこう配30度を超え、高さ3メートル(自治体によっては2メートル)以上の土地をいいますが、

このサイトでは

崖の定義を

  • 険しく、優しい
  • 儚く、強い
  • 美しい

そんな特徴を持つ場所として、
探し求め楽しむウェブサイトです。

なぜ崖に魅了されるのか

崖には、視点を広く高く変える壮大さを教えてくれる一方で、
浸食に晒されているという
常に、真逆の儚(はかな)い姿も見せてくれます。

自然の中で
そびえる雄大な崖でさえも、
見る人の見たい価値観によって
正反対の姿に映る、、
そこが、面白いと思うのです。

私たちの人生も
同じではないでしょうか?

産まれながらずっと右肩上がり、の人はおらず
つまづいたり、転んだり、壁にぶち当たったります。

それをチャンスと捉えるか、どうか。

抱える課題に気づき、乗り越える何かを獲得しながら
そこからステップアップのチャンスにしている人に
私はこれまで多く出会うことがありました。

常にステップアップしている先輩たちは
生涯の崖を登り、切り開きながら
行きたい未来を一歩ずつ進んでいる、
そんな背中を見せてくださいました。

「生涯」という時に「崖」という文字が入っているように、
生きる上で、崖は切り離せません。

崖は視界を変えてくれる雄大な姿を通し、
今いるステージを変える可能性を示してくれる
場所だと思います。

そんな崖の魅力を
一緒に共有していただけたら嬉しいです。