崖の面白さ10倍!下から見上げる鬼ヶ城の楽しみ方

船から見上げる面白さ

崖巡りを
上から見下ろすのも
下から見上げるのも
どちらも味わえる鬼ヶ城。

ただし、高いところが苦手な人には
遊歩道ですら
ハードルが高いと感じるかもしれません。

そういう高所恐怖症の
崖マニアにぜひお勧めしたいのが
船から見られる「崖ツアー」です。

鬼ヶ城センター近くの船着場から
こちらの船で向かいます。

熊野の海、綺麗ですね。
船着場のある港からこの青さです。

いざ、ライフジャケットを身につけ出航!

出航するとすぐ右手に航路をとって
鬼ヶ城へ船は向かいます。

そして、見えてくるのが
緑と岩肌の美しい姿!!


歩いているときは怖すぎて見上げきれなかった
青白っぽい岩肌、黄色い岩肌、そして
赤茶けた岩肌の3色が入り混じっているんですね。

昔の人は
青鬼、黄色鬼、赤鬼の肌も
こういう岩肌を見ながら想像したのでしょうか?
 
海からぼーっと眺めていると
ゴツゴツ、ギザギザの岩肌が鬼の口や
ギロッとした目のようで

そこに生える緑が髪の毛に
見えてくるような、こないような。。。
 
↓船から鬼ヶ城を撮影

この動画を見ていただけると
どうしてこんな岩場に
遊歩道を作れると思ったのか、
不思議になるくらい
切り立った岩場なのかが
伝わると思います。

通るのが今でよかった、、、

遊歩道の話が出てきたので
船からまた遊歩道の話題にもどりますが、

今回私が行った時には
遊歩道の途中で
いくつか、以前使われていたけれど
閉鎖された階段のあとや
補修の跡が見られました。

そんな風に
使われなくなった遊歩道も
さりげなく紛れているのも
面白いです。

「あ、、、ここ、、、
昔は通れてたけど、
上からおっきな岩が
落ちてきちゃったんだね。。。」

と、潰れてしまった道をみて
「崩落が今じゃなくてよかった!」と
ドラマティックな崖の成り立ちを
妄想しながら、

今生きてここを歩いているありがたさを
リアルの味わえる
なかなか貴重な崖だったのでした。