自分の時間を作りたい派におすすめ!鬼ヶ城〜その2:鬼ヶ城の遊歩道一周コース~

のんびり崖を楽しみたい派は遊歩道を歩きたい

さすがメインと言われるだけ
あって人の多い千畳敷。

千畳敷だけでも堪能できますが、
やっぱりここは遊歩道を歩きたい。

いざ、出発!!

千畳敷を越えると海に面して
遊歩道のの案内が出てきます。

案内には

「桓武天皇(737〜806)の頃、この地に隠れて
熊野の海を荒らしまわり、鬼と恐れられた
海賊多賀娥丸(たがまる)を、天皇の命を受けた
坂上田村麻呂(751〜811)が征伐した。
その伝説に基づいて鬼の岩屋と呼ばれたが
のちに鬼ヶ城と言われるようになった。」

とあります。

なるほど、ここは昔海賊の
住処だったかもしれないのね、、

と想像しながら巡ることにします。
 

猿でも戻るといわれる【猿戻】
確かに右手の崖はつかまるところがない絶壁。

鉄の柵がなかったらどこが遊歩道だかわかりません。


こんな道を柵なしで
歩いた人がいるのかと思うと、
心から尊敬。。。

高所恐怖症の私には、
上も下を見るのも怖い。

しかし、所々洞窟に緑が顔を覗かせているのに
ホッとします。

この写真の左下の
遊歩道の鉄柵で
洞穴の大きさを推測すると
4、5メートルくらいはありそうです。

海賊たちには
ここは会議室だったのでしょうか?
数人の机なら余裕で入りそうな広さです。

崖の中の会議室!
窓から広がる世界は青い海!
きっといい気分で会議ができそう!

ただし、高所恐怖症には会議室への
出入りがハードル高めです。。

しかし、
鬼ヶ城の遊歩道一周コースは
千畳敷と比べて
のんびり&ゆっくり
熊野の海も堪能しながら
崖巡りができました。

ぜひ、じっくり自分の時間を作りたい方には
余裕を持って
鬼ヶ城一周コースも
行かれてみてはいかがでしょうか?

Instagramにあげた鬼ヶ城の動画です